TRAINING

「大切な人を任せたい」「自分が受けたい」「家族に受けてもらいたい」と思えるサービスを追求し提供いたします。
私たちは「誠実であること」「寄り添う気持ち」を大切にします。
そのために、人材教育に努め、よりよい社会の発展に貢献することを目指します。

OBJECTIVE

研修の目的

コミュニケーションの取り方から介護技術までを幅広く網羅し
お客様に価値あるサービスを提供できるプロフェッショナルを育成します。

できるようになるまで繰り返すことで、在宅看護に関する知識・技術を習得し、地域連携の実践を学び、質の高い在宅医療の提供を可能にいたします。

少しでも早く訪問看護・鍼灸に慣れていただけるよう、スキルや経験に応じたOJTを実施しています。また、配属先に応じた地域特性の理解、挨拶まわりや新規利用者様の契約、ケアの実施、担当者会議の出席など、訪問看護のいろはを経験できるようなOJTを実施しています。

01New employee training

新入職員研修

同行訪問(期間はそれぞれ状況により異なります) 接遇について・挨拶の大切さ・お客様とのコミュニケーションの取り方、感染予防対策、基本的な安全介護技術を確認します。
また、訪問看護に慣れるまで、入職から毎月面接を行い、振り返りと目標設定を行います。
なお、ブランクのある看護師および手技に自信のない方には、研修も行っています。

02Accompanying visit

同行訪問

最長3ヶ月の同行訪問

訪問業務に慣れていただくまで、時間をかけて何度でも同行訪問が可能です。看護師の方はリハビリの同行、リハビリの方は看護師と同行をしていただくことができます。また、1人で訪問が心配なときはいつでも先輩に相談し、同行訪問をつけてもらうことができます。もちろん、慣れてきたらすぐに一人立ちしていただくことも可能です。訪問看護未経験で入社した先輩たちは、1~2ヶ月で一人立ちし、不安なときだけ同行訪問をつけてもらいながら、訪問看護の業務に慣れていく方がほとんどです。

03Practical training

実務研修

事業所内での学び

事例検討、伝達講習、新たな医療機器導入時には、勉強会を開催しています。 診療報酬改定・介護報酬改定のような制度改定などのトピックはその都度勉強会を開催しています。